JADA DCO

閉じる
大会DCPログイン

DCOの役割

DCOとは?

DCOはドーピング検査員(ドーピング・コントロール・オフィサー)の略称で、検査員と呼ばれることもあります。
JADAから認定され、ドーピング検査における『検体採取手続き』を遂行する者をいいます。
JADAから指示を受けたドーピング検査にて、競技者から検体を採取し、その検体を封印し、分析機関へ搬送する業務を行います。

DCOの役割

DCOは、公正で確実なドーピング検査を行うことで、競技者を保護し、スポーツの価値を保全する重要な役割を担っています。

どうしていま、DCOが必要なのか?

来るべき国際総合大会においては、1ヶ月という短い期間に日本国内で行われるドーピング検査の1年分の検体数を超える検査が予定されるなど、検査員の供給が大幅に不足することが予測されています。
そこでJADAでは、DCOとして活躍する新しいスタッフを募集しています。